english
閉じる
木戸寛孝
Hirotaka Kido
コンセプトデザイナー

1969年9月22日生 B型
1992年3月慶応大学法学部政治学科後、同年4月(株)電通に入社。
1997年1月、同社退社後、 2003年3月まで千葉県香取市で農業に従事。
2003年11月から、国際NGO・World Federalist Movement of Japanの事務局次長として、2002年オランダ・ハーグに常設された国際刑事裁判所に日本政府が加盟するためのロビー活動を行う。
2007年6月から、CARE-WAVE実行委員会のディレクターを務める。

< 経 験 >
1991パリ・ダカール・ラリー(サハラ砂漠横断の車のレース)にメカニックとして参加。
アフリカ最高峰キリマンジャロ(5800m)に登頂。(1991年)
国連ミレニアム・サミット世界宗教者・精神指導者会議に参加。(2000年)

< ライフワーク >
六代前の先祖である木戸孝允(桂小五郎)は、天皇を担いで明治維新をおこし、曾祖父・木戸幸一は太平洋戦争で敗戦し、A級戦犯となって東京裁判で無期懲役の判決を受けた。こうした先祖らの経験から「天皇とは一体何か」ということについて考えるようになり、それを契機として、本居宣長や平田篤胤などが提唱した日本の「国学」に関心を持ち、古事記・日本書紀の研究を行うようになる。
SoulSwitchプロジェクトのすべてのコンセプトを担当。

- works archive -
page top